最初の演じ物

HOME   »  ギャラリー   »  最初の演じ物

ファイヤー物

まず最初にやる演じ物は、観客をひきつける物を行っている。
ファイヤーカードや、トーチケーンなど 火を使ったものが、お客をひきつける。
お客も舞台に火が出てきて、次の瞬間ジャンボカードになったり、ケーンになったりすると「おおっ」と思うらしい。
ファイヤーカード1
ファイヤーカード2
トーチケーン

花が出るロープ

最近、ホテルや結婚式場で「火」や「鳩出し」を断られることが多い。
事前にホテル側と打ち合わせをする中で「火は使いませんよね。」とか、「鳩はださないでしょうね。」と念を押される。
ファイヤーカードではいって、両端シルク、鳩出しが手順であるが、見直しをしないといけない。
そのとき「花が出るロープ」を使っている。

お問い合わせ

無料カウンター